ICANのホイールセットが私のカーボンホイールに対する考え方を変えた。Review by Saku Salo

商品


Ican カーボンファットバイク. 

カーボンで作られているのですね。 外観は最高で、骨組みの下にカーボンファイバーが見えていいですね。 私はそれが好きです。カーボンファイバーの利点は何か? 私の考えではローラビリティ (ころがり性 )です。

以前使用していたSun ringle mulefut80slホイールの重量より約800グラム減少しました。

だいたい1キロくらいですね。 。 ただ私はトレイルのスピードがもっと速くなったとは思わない。

どんな種類の自然でも駆り立てられ、私はこれらに2つのサイズのタイヤ、Schwalbe jumbo jim snakeskin 4.4 "と、最近はSchwalbe jumbo jim snakeskin 4.0"を使ってきました。

タイヤを装着したホイールは、フロント約2.5 kg、リアが3 kgです。 いくつかの傷がホイールにつきましたが、それらは私を気にしません。 それらは専用のために作られているので、また登山道に行ってみましょう。

User experience

ベアリング、ハブ、タイヤ、その他の部品? これらはどれくらい持ちますか? 将来的にはダメなるだろうが、バイクパークで楽しむのに、本当によく持ちこたえている。 ファットバイクはその用途のために向いてないので、バイクパークでのレースには向いてません。 でもここで私はリアタイヤを壊した、こんな事故が起きたのは初めてだった。 

これはマウンテン・バイクの世界で何がどこで起こるかはわかりません。私はICAN CYCLINGのカーボンのファットリムにはすごくに満足していますが、これは非常に扱いにくいですが、スポークの張力が正しい限り、まっすぐにする必要はありません。

二人で利用した後も最初は友達と3000kmくらい今は私も3000kmくらい走ったことがあります。Haloのハブと競技用スポーク 「DT swiss」 が付いている。3500kmを走った後、古いHaloのリアハブがフリーハブから壊れ始めたので、新しくしなければなりませんでした。

Dtswissの3big ride 50に交換して、新しいDtswiss competitionスポークと真鍮のニップルにしました。安いリヤハブは耐久性に大きな問題があります。決して安いものを買わないでください!安いものでなければ、Haloのリアハブも! DT swissかindustry nineのリアハブをお勧めします。Haloフロントハブは6000kmを過ぎても問題ありません。  

フロントハブはリアハブほど多くの負担がかかりませんので、そこにそれほど重要ではありません。

And a rider passion to MTB

私は3年前、ブレーキをかけてから約10年後に再びマウンテンバイクを始めました。 最初は27.5インチタイヤを搭載したホワイトバイクのハードテイルで、ドライブトレインは3×10でしたが、1×10に変更しました。 それを使って1年後、私はそれを売った。 友人のレンタル会社があります。ここで私は2~3回ファットバイクを借りましたが、それで自分のファットバイクを持つには十分であり、それから私は最初のファットバイクを買いました。

それはSilverback scoop double 2017 で、私はほぼ年に一度使い、そして私は同じメーカーの新しいモデルを買いました。Silverback scoop double 2018で、どちらも抜群のルックスです。古いものは工場で2x10ドライブトレインにマウントされていましたが、1x10に変更しました。新しいバイクは工場で2x11から導入され、そのまま1x11に変更しました。

前部のチェーンリングは、どちらの自転車も同じで、真っ黒で幅の狭い楕円形の32本の歯です。新品のリアカセットはShimano slx11-42で、古いものはSunraceのカセット11-40でした。どちらの自転車も、工場からとても良いシマノの部品、mulefut80sl's のホイール、タイヤはVee tire Bulldozer で、このタイヤは好きではありませんでした。あまりにも重く、あまりにも多くの自動操舵。

最初はMaxxis colossus 4.8インチに交換しました。雪道ではかなり良いですが、全体的にかなり重いです。 それから春に私はSchwalbe jumbo jim's 4.4 を買った。 最初の注目すべきことは、転がりやすさとまったく自己節無しさでした! Icanカーボンホイールを使って、私はまた前にminion fbf 4.0 、タイヤはまあまあですが少し重すぎました。

最終的には、両方のホイールにSchwalbe jumbo jim 4.0 ”にしました。一つの重量は約1.1 kgある。やがて、もう少しいいブレーキを買うことに決めました。シマノのslxブレーキローターとシマノのdeore M615ディスクブレーキはとても使いやすく、パワフルになっています。1年間使用した後、ブレーキパッドが摩耗したため、新しいシマノG01Sパッドに交換しなければなりませんでした。今のところ順調です。新しい道や旅行を待っています。いいね!


//

  • Aug 11, 2018
  • Category: 記事
  • Comments: 0
Leave a comment